×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


沖縄旅行 With アポロ


2004年8月22日から26日までアポロを連れて沖縄旅行に行って来ました。
昨年もゴールデンウィークに沖縄に行ったのですが、その時は沖縄本島のみ。
今回は
慶良間諸島座間味島という離島へ行く事にしました。
何しろ慶良間は海のきれいさでは本島の比ではないはず!期待に胸を膨らませて
Let’s go!!
(でも台風が近づいていてちょっと行く前からドキドキ)

8月22日(日)
朝9時ごろ出発。車で空港まで行きます。空港近くの駐車場に車を預けます。
車に荷物を乗せるのがまず一仕事!今年はバリケンを買ったのです。でもそのままでは車には乗らず、
バリケンは上下に分解。そして車は後部座席のシートをはずしました。
やっぱりスポーツタイプのオープンカーなんてワンコ連れには適してないよねー。
こりゃあ次はワゴン車だなぁ。トホホ。
アポロは王様が助手席でだっこ。
運転は私じゃ〜!ひえーっ!
空港到着。
空港ではでかいバリケンがすげー
目立ってました。おかげで「あーわんちゃん」「かわいー」と注目の的。
なかには「かわいそー」という声も聞こえてむかーっ!
こいつのを泳がせるために沖縄まで行くんだぞ。と言ってやりたい。
でもちょっとアポロは不安そう。ピーピー言ってました。
空港の手荷物カウンターでアポロを預けます。
ワンコの航空運賃は4000円なり。(ANA)去年は18000円だったのが大幅値下がり。
うれしい!っていうか18000円の方がどうかしてる。
預ける前に「万が一事故があっても文句いいません」みたいな誓約書にサインをさせられた。ちょっぴり嫌な気分。でも、気を取り直して!
アポロ、しばしの別れじゃ〜。
空港から泊港まではタクシー。
巨大なバリケンを乗せられるタクシーはなく、交渉して後ろのトランクに乗せてくれるやさしい運転手さんを見つけました。もちろんトランクは閉まらず、ロープで固定。大型犬連れの場合はあらかじめ予約したほうが安全かもしれません。
左はフェリー「座間味」のデッキで。
フェリーで約2時間で座間味島です。
客室には入れないのでデッキで。
このあと王様は船酔いで一人エアコンの効いた客室でお休みになりました。
本当はワンコはバリケンから出してはいけませんが従業員の方も何も言いませんでした。
宿泊は「ペンション・サザンウィンド」。座間味港まではペンションの方が車で迎えに来てくれます。宿に到着するやいなや、大急ぎでひと泳ぎ!だって台風が近づいていて明日以降が保証されないんだもの。とにかく少しでも泳がねば!幸い宿のすぐ下が海岸!アポロひたすら泳ぎました。慌てて泳いだのでこの日の水泳風景は写真を撮る暇なしでした。

8月23日(月)
案の定、朝島内放送が。「今日は島内全域遊泳禁止」魚影が濃くシュノーケリングに最適とされている「古座間味」で泳ぐのは断念。監視員がいるそうだ。
島で一番大きい(二番目があるのか?)スーパー(?)105ストアーで買い物。
野菜や肉お菓子にお酒、雑誌と何でもそろうがコンビニから毛を抜いたような規模。でもここで何でも買うしかないの。
アポロのご飯(手作りなので)の材料も初日にここで買いました。
やはり、沖縄らしく、島のいたるところにシーサーがいます。シーサーのバックの空の色が凄い!「台風来てまっせ」って感じです。買い物のあと宿で一緒になったご夫婦(パピヨンのルイちゃんのパパとママ)と一緒に展望台へ散歩。ワンコ達はお留守番。
昼は港の座間味食堂で「海ぶどん」(海ぶどうどんぶり)やら「ナーベラ炒め」やら「ゴーヤー炒め」やら。食べて飲んで気づいたら4人で生ビール11杯も飲んでた。昼から飲みすぎ!
宿に戻ってから腹ごなしにひと泳ぎ。もちろん島内全域遊泳禁止。でもすぐ近くの浜には監視員もいないし、泳いでも泳いでも腰より深くならない。浅すぎて泳ぐと足をすりむきそうだ。
風が強く波が結構ある。でも台風来てても海は青くてきれい。流石!
とにかく水に入ると人が(犬が)変わったようになるアポロ。疲れを知らず1時間でも2時間でもずーっと泳いでます。
もういいかげんおもちゃを投げる手が痛くなってる王様に「早くなげれ!!」と催促するアポロ。「えーっ。まだやるんかい」と王様。
宿でお隣の部屋だったルイちゃん(4歳♂
無駄吠えもしないとってもいい子。アポロとも仲良くっていうかお互いあんまり興味ない感じでした。(でもそれが何より)ルイちゃんのおかげでパピヨンのイメージがかわりました。


24日へ進む
アポロの部屋トップへ